不動産ニュース / 開発・分譲

2021/10/14

茨城で天井高8m超のマルチテナント型施設/プロロジス

「プロロジスパーク古河4」イメージ。周辺ではBTS型物流施設の開発も進める

 プロロジスは14日、マルチテナント型物流施設「プロロジスパーク古河4」(茨城県古河市)の開発計画を公表した。

 物流施設のインダストリアルパークとして計画を推進している「プロロジス古河プロジェクト フェーズ2」にて開発する。同プロジェクトは、圏央道「五霞」ICおよび「境古河」ICから約10分に位置する北利根工業団地内、敷地面積約17万5,200平方メートルで展開する。「プロロジスパーク古河4」は1棟目の物流施設として着工する。

 敷地面積約6万8,300平方メートル。3階建て、延床面積約12万1,100平方メートル。建物南北にスロープを設け、1・2階は両面バースを備える。2・3階は保管効率を重視したメゾネット形式とし、天井高は6.3~8.6mと高めに設定。最小賃貸面積は1万2,200平方メートルで最大6企業の入居に対応。最大1フロア3万平方メートルの利用も可能とする。
 BCPの観点から、発電機燃料としてオイルタンクを用意。非常時には、テナントの事務所等へ、約7日間電力を供給する。また断水時にも30日程度はトイレが使用できるよう、給水設備も整える予定。
 施設内にはテナントワーカーが利用できるカフェテリアやコンビニエンスストアも整備する。

 2022年1月に着工し、23年3月に竣工する予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/22

「記者の目」更新いたしました

社員が会社に来たくなる」を更新しました。ニューノーマルな働き方の実現や、スタッフのパフォーマンスを最大限に発揮できるABW要素の体現等のテーマを引っさげ21年夏に完成した、三井デザインテックの新オフィスをレポートします。コロナ禍なのに社員から、「会社に行きたい」との声が挙がる、そのオフィスとは…?