不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/10/19

住宅設備機器市場、コロナ禍の需要増で拡大へ

 (株)矢野経済研究所は18日、2020年度の主要住宅設備機器市場(水回り設備、水回り関連設備、創エネ関連設備機器)に関する調査結果を発表した。調査期間は21年8~9月。

 20年度の市場規模は、1兆7,637億5,000万円(前年度比6.2%減)と推計した。20年度上半期におけるコロナ禍を背景とした営業活動の制限等の影響が減少の主な理由。下半期以降、リフォーム市場を中心に需要の盛り返しが見られたが、上半期の落ち込みを補えなかった。

 21年度の市場規模は、1兆8,242億円(同3.4%増)と予測。コロナ禍で衛生面に対する意識が高まる中、タッチレス水栓や食器洗い乾燥機などの需要増が見られる。また、うがい・手洗いの機会が増えたことにより、洗面空間を見直す動きや玄関に洗面化粧台を新設する動きなどが見られたほか、自宅で調理する機会や入浴時間が長くなっている傾向から、コンロや給湯器の交換需要が堅調に推移。コロナ禍を契機に「衛生」「健康」「巣ごもり」といった観点からの需要が生まれている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。