不動産ニュース / 仲介・管理

2021/10/25

共用部工事にリサイクル養生シート/大京穴吹不

 (株)大京穴吹不動産は25日、マンションのリフォーム工事現場で使用する養生シートを、廃棄物由来の素材製品へ切り替えたと発表した。

 同社ではこれまで、マンションのリフォーム工事の際の養生シートとして、一般的に普及しているプラスチック製のブルーシートを使用。首都圏における同社の工事現場に限っても、年間約1,000平方メートル(4tトラックで約160台分)を廃棄してきたが、環境面などへの影響を鑑み、このほどオフィスビルなどから排出されるタイルカーペットを再資源化して製造された養生シートを導入、使用することを決定した。

 採用した養生シートは(株)リファインバースが開発した商品。使用後に回収・クリーニングすることで繰り返し使用できるほか、劣化したものは、再び樹脂化することで新たなシートへ再生できる。これにより、廃棄量の削減を進める。なお従来のブルーシート使用時と比較して、CO2排出量の約57%の削減が可能となるという。

 破れにくく、雨の日でも滑りにくいなど、耐久性や安全性の面でも優れているほか、共用廊下の床などにもなじむ色合いのため、工事中でもマンションの美観を維持できる、といったメリットもあるという。首都圏の工事現場を中心に順次導入していく計画。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

養生

コンクリートやモルタルを硬化させて性能を安定させ維持できるよう保護すること、また、左官や塗装の仕上がり面を防護することをいう。cureには療養、治療という意味があるように、水分を補給したり、温度条件を保つなどの対応が必要で、こうした行為を含めて養生という。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。