不動産ニュース / IT・情報サービス

2021/10/27

暮らしに特化したプラットフォームの提供開始

 大東建託パートナーズ(株)は、暮らしに特化したプラットフォーム「ruum(ルーム)」の提供を、11月8日より開始する。27日、同サービスについての説明会を開催した。

 同社が管理する賃貸建物の入居者をはじめ、誰でも利用できるサービス。居住地の特性を考慮し、美容やヘルスケア、教育、フィットネスなど、日々の暮らしに役立つ情報を発信。地域のクーポン情報やエリア情報、イベント情報、SNSと連動した口コミ情報なども配信する。また、入居者はアプリ「ruum」に専用コードを入力し「お部屋の登録」をすることで、契約更新などの各種手続きや家賃明細の照会、緊急対応などの管理サポートをオンラインで利用することが可能。

 サービス提供開始時点の企業は、エイッベックス・エンタテインメント(株)や(株)KADOKAWAなど約60社以上。利用登録者数については、2023年度までに110万人を目指す。

 同社事業戦略企画室室長の橋本昌史氏は、今後の展望について「行政と提携し、23年度中にWebサイトやアプリ上での行政手続きを可能としたい」と言及。併せて、地域性の高いサービスを提供する企業、地域に根ざした情報発信やコミュニティを形成しているプラットフォーマーとも提携し、地域に特化したサービスの拡充を図っていく考え。
 「全国には約1,700の自治体があり、同じ手続きでも自治体ごとに申請書が異なっていたり、窓口に足を運ばなくてはならないなど、時間や手間がかかる。『ruum』を利用することで、住民票や上下水道の開始・休止届といった各種証明書の申請、また補助金の申請などもWebサイトやアプリ上で完結できるよう、サービスを拡充させていく」(同氏)。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。