不動産ニュース / その他

2021/11/15

積水ハウス、住宅の取扱説明書を電子化

 積水ハウス(株)は、同社が建築する戸建住宅・賃貸住宅のオーナーおよびグループ管理物件入居者に配布する住宅設備機器等の取扱説明書を電子化する。

 住宅設備等の取扱説明書の情報をデータベースに登録。設計段階のCADの図面や仕様書等の情報と連携させ、建物ごとに一元管理し、顧客に提供する。

 顧客はスマートフォンやパソコン等のデバイスで取扱説明書等の閲覧ができ、また、自身で家電等の取扱説明書を追加登録することも可能。これにより、戸建住宅で平均50部、賃貸住宅で平均20部にも上る大量の取扱説明書の保管場所が不要となり、必要な時に探しやすくなるなどのメリットもある。

 同社はこれまで取扱説明書のファイリングに戸建住宅で平均1時間、賃貸住宅1棟分で平均6時間を費やしていたが、すべてが電子化した場合、約8割の作業時間削減効果を見込む。

 11月より一部エリアの顧客に対し段階的に提供を開始。2022年2月以降全国の顧客への提供を開始する計画。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。