不動産ニュース / 開発・分譲

2021/12/21

オフィスの有機性廃棄物をエネルギー化/東京建物他

今後の計画イメージ

 東京建物(株)は20日、「新宿センタービル」(東京都新宿区、地上54階建て)で、損害保険ジャパン(株)ら、および東京電力エナジーパートナー(株)(東電EP)らと共同で、オフィスビルより排出、焼却処理される有機性廃棄物を燃料化する、国内初の実証実験をしたと発表した。

 損保ジャパンが業務連携しているサステイナブルエネルギー開発(株)が開発した「ISOPシステム」(有機性廃棄物から固形の燃料を生成する一連のシステム)を利用。リサイクルされずに焼却処理される一部の紙ごみや厨芥ごみ等の有機性廃棄物から、固形燃料「バイオ石炭」を生成。低廉な費用でエネルギー化することで、ビル内で電気エネルギーとして利用する自立分散型のエネルギーシステムを構築し、循環型経済への移行に貢献することを目指す。

 今後は、同ビル内で生成した「バイオ石炭」などが持つ物理的性質について、東電EPとサステイナブルエネルギー開発が連携して分析を行ない、燃料の再利用方法を検討する。
 東京建物は、明治安田生命保険相互会社、日本プライムリアルティ投資法人と検討結果を基に、今後、他の保有ビルにおいても有機性廃棄物から生成した「バイオ石炭」を、コージェネレーションシステム等の燃料として利用し、エネルギーを生成。電気や蒸気に変換した上で、ビルに供給するモデルの展開を検討する計画。また、東電EPは、実証実験で生成された「バイオ石炭」について、火力発電所の代替燃料としての活用の可能性を検討していく。

この記事の用語

再生可能エネルギー

短期間に再生し、あるいは消滅しない燃料源から取り出されるエネルギーをいう。そのような燃料源として、太陽光、風、流水、植物・バイオマス、地熱などがある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。