不動産ニュース / 開発・分譲

2021/12/21

住宅事業、「BRANZ」で環境施策を積極化/東急不

 東急不動産(株)は20日、住宅事業および基幹ブランドの分譲マンション「BRANZ(ブランズ)」をリブランドし、環境重視の取り組みを積極化すると発表した。

 住宅事業全体では、ブランドスローガンを「住まいを、未来のはじまりに。」に、分譲・賃貸・学生レジデンス事業など住宅事業の全領域で「社会課題を、暮らし心地に変えていく」という行動指針を制定。「BRANZ」では、ブランドスローガンを「環境先進を、住まいから。」と定め、環境先進マンションを提供していく。

 2030年度までにすべての新築分譲マンションでZEHを標準仕様にするほか、今後、開発する「BRANZ」、 都市型賃貸レジデンス 「COMFORIA(コンフォリア)」、学生レジデンス「CAMPUS VILLAGE(キャンパスヴィレッジ)」の全物件で太陽光パネルを標準搭載する。発電した再生可能エネルギーは、共用部の電灯分の電力の一部として利用し、一部物件では余剰分を売電する。

 また、再生可能エネルギー100%利用の分譲マンション(ブランズタワー谷町四丁目)や、全戸EV充電器対応の分譲マンション(ブランズ上目黒諏訪山)などの開発を推進していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/1

「海外トピックス」更新しました!

ロサンゼルス国際空港、半世紀ぶりの大改修【アメリカ】」を配信しました。
2028年にオリンピックの開催が予定されるロサンゼルス。その玄関口であるロサンゼルス国際空港は、鉄道やモノレールの乗り入れがなく、近辺にレンタカー店さえないなど、観光客にとってはきわめて不便な造りになっているそう。そこで現在、およそ半世紀ぶりとなる大規模なリニューアル工事が進められています。