不動産ニュース / 団体・グループ

2021/12/23

コロナ後の不動産市場テーマにウェビナー

 (一社)住宅瑕疵担保責任保険協会は23日、オンラインセミナー「“不動産売買1,000件超”経験豊富なコンサルタントに聞く!コロナ後の中古住宅市場傾向と付加価値戦略~いま不動産仲介業に求められること~」を開催した。

 2部構成で、1部は価値住宅(株)代表取締役の高橋正典氏が、コロナ禍を経た既存住宅流通市場の変化と、仲介事業者に求められる役割や能力について講演。同氏は現在起こっている市場変化について、(1)マーケット変化の前倒し、(2)大手寡占の加速、(3)消費者動向の変化の3点について市場や人口動態データ等を用いて紹介した。「コロナ禍を経て、広さや暮らしやすさをより重視する傾向が強くなっており、『資産価値』から『居住価値』へと需要が変化している」(同氏)と話し、既存住宅流通活性化の流れの中で、土地だけでなく「建物」の質や利用価値についてしっかり説明できる能力が必要になると語った。

 最後に、「コロナ禍を経ても消費者の購買意欲は変化しなかったが、購買意欲の中身は変わった。そこにどう対応していくか。事業者としての『在り方』を考えていくべきなのでないか」と締めくくった。

 続いて2部として、同協会講習センター長の中村達人氏が「建物状況調査と既存住宅売買かし保険(個人間売買)の有効活用」をテーマに講演。20年の民法改正の契約関連条項の内容をあらためて紹介し、建物状況調査と既存住宅売買瑕疵保険を有効活用するポイントについて説明した。保険のタイプや紛争処理制度などについても紹介、聴講者に活用を促した。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。