不動産ニュース / 開発・分譲

2022/1/11

「HARUMI FLAG」、3月下旬に「SUN VILLAGE」「PARK VILLAGE」販売

「HARUMI FLAG」完成予想パース

 三井不動産レジデンシャル(株)などディベロッパー10社(※)は、「HARUMI FLAG」(東京都中央区)において、14日より、「SUN VILLAGE」(7棟構成、総戸数1,822戸)第1期2次、および「PARK VILLAGE」(7棟構成、総戸数1,637戸)第2期のパビリオン見学会を開始する。

 「HARUMI FLAG」は、東京オリンピック・パラリンピックの選手村を活用した5,632戸(総開発面積約13.3ha)の住宅や商業施設等で構成する大規模再開発。東京オリンピック・パラリンピックの開催延期決定を受け、販売を延期していたが、21年11月より販売を再開した。

 「SUN VILLAGE」は、交通の要となるマルチモビリティステーションや商業施設に最も近い利便性の高いエリアに立地しており、販売再開後の第1期(465戸)に引き続き販売。第一工区の1,089戸(タワー棟733戸を除く)の販売街区A・B・C・D・F棟の一部住戸を対象に、販売戸数は3月下旬に発表予定。間取りは2LDK~4LDK(専有面積61.06~106.57平方メートル)。販売予定価格は、4,900万円台~1億700万円台。最多価格帯は6,400万円台。
 「PARK VILLAGE」は、80平方メートルのゆとりある3LDKを中心に構成。19年の販売以来、約2年ぶりの販売となる。第一工区の915戸(タワー棟722戸を除く)の販売街区A・B・C・E・F棟の一部住戸対象に、販売戸数は3月下旬に発表予定。間取りは2LDK~3LDK(専有面積66.85~91.73平方メートル)。販売予定価格は、6,000万円台~1億400万円台。最多価格帯は7,900万円台。
 販売戸数、平均坪単価については、21年に販売した631戸と同等となる見込み。

 なお、18年10月末の「HARUMI FLAG」オフィシャルサイト開設からこれまでの物件エントリー数は5万件超。「HARUMI FLAGパビリオン」見学者数は1万2,000組超となっている。
 21年11月に販売した「SUN VILLAGE」の第1期、「SEA VILLAGE」(総戸数686戸)の第2期では、供給した全631戸が申し込み済み、登録申込数5,546組となった。30~40歳代を中心に、50~70歳以上も約3割を占め、職業は会社員を中心に、経営者・役員クラスが約3割。最高倍率111倍、平均倍率約8.7倍。3方向を海に囲まれた「眺望の良さ」や豊富な緑に囲まれた環境、都心6区の平均専有面積より20平方メートル以上広いゆとりある専有部、ニューノーマルのニーズに応える「サードプレイス」となる51の共用室などが高く評価されている。

※三井不動産レジデンシャル(代表会社)、三菱地所レジデンス(株)、野村不動産(株)、住友不動産(株)、住友商事(株)、東急不動産(株)、東京建物(株)、NTT都市開発(株)、日鉄興和不動産(株)、大和ハウス工業(株)

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。