不動産ニュース / 不動産金融・証券化

2022/1/31

JR東、ファンド事業を成長エンジンに

 東日本旅客鉄道(株)は31日、2021年4月に立ち上げたアセットマネジメント会社であるJR東日本不動産投資顧問(株)(JAM)が組成するファンドに、自社で開発した複合ビル「JR南新宿ビル」(東京都渋谷区)を売却したと発表した。

 今回の流動化により、自社の開発・保有物件をJAMのファンドで売却し、売却により獲得した資金を成長分野へ拡大再投資しすることで、グループのさらなる成長と資金効率向上を図る「回転型ビジネスモデル」を本格的に開始する。

 一方、JAMは、設立以来、ファンドを通じた外部不動産の取得を進めており、すでに資産運用規模は800億円を超える。今後も不動産ファンドの運用規模を拡大。不動産ファンド事業を生活サービス事業の成長エンジンと位置付け、不動産投資法人((仮称)JR東日本リート)の早期組成に向けた準備も進めていく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?