不動産ニュース / 開発・分譲

2022/3/10

京都に「NOHGA HOTEL」の第3弾/野村不

「NOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTO」外観

 野村不動産(株)は、グループ直営ホテルブランド「NOHGA HOTEL」の関西初となる「NOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTO(ノーガ ホテル 清水 京都)」(京都市東山区、客室数207室)を、4月1日にオープンする。上野、秋葉原に続く第3弾。

 京阪本線「清水五条」駅徒歩7分に位置。敷地面積2,514.03平方メートル、延床面積8,966.18平方メートル。建設時に発見された堀跡や、竣工前に存在した2棟の「歴史的意匠建造物」に指定されている町家を、ホテル内や正面エントランスに残した。

 同ホテルでは、「MEET HOT KYOTO.」というコンセプトを体現すべく、各分野のスペシャリストとのアート、フード、ミュージック、メディテーションといったクリエイティブ体験を用意。「エンターテインメント」「ウェルビーイング」「サスティナブル」「エクスペリエンス」の4つのテーマで、サービスを提供する。

 京都の市街や山並みを一望しながら食事や酒を楽しめる「ルーフトップバー」を併設。オリジナルの音楽や五感を刺激するアートを提供する。館内にはメディテーションルームを設置。身体・心の健康に寄り添ったプログラムを提供する。
 環境にも配慮し、チェックイン時のレジストレーションカードや朝食券の廃止によるペーパレス化を実施。客室にはオーガニック成分を含むバスアメニティを採用した。また、スタッフが身に着けるチーフと名札には、織物や革の切れ端を使用するなど、サスティナブルを意識した取り組みを行なう。

 客室は、ダブル(19~31平方メートル)、ツイン(24~33平方メートル)、スイート(57・76平方メートル)を用意。3月18日よりプレオープンする。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。