不動産ニュース / 開発・分譲

2022/3/22

大阪「健都」で賃貸ラボ・オフィスを竣工/JR西

「健都イノベーションNKビル」外観

 JR西日本不動産開発(株)は22日、北大阪健康医療都市(通称:健都)の賃貸ラボ・オフィス「健都イノベーションNKビル」(大阪府摂津市)を3月1日に竣工、4月に供用を開始すると発表した。

 健都は、「2019年に開業した国立循環器病研究センター(国循)を中心とする医療拠点の形成」と「市民の健康づくり」という2つの視点から、大阪府・吹田市・摂津市の下でまちづくりを行なっているエリア。そのうち、国循に隣接する「健都イノベーションエリア」では、医療および健康関連の研究機関や企業等が集積する複合医療産業拠点の形成を推進している。

 今回竣工した「健都イノベーションNKビル」は、敷地面積約4,430平方メートル、延床面積約9,140平方メートル、鉄骨造地上7階建て。1~3階には、東京から移転する国立健康・栄養研究所およびAI健康・医薬研究センターが入居。3階の一部と5~7階は、液体や気体を使った実験ができる賃貸ラボ・オフィスとし、最小約25坪から貸し出す。4階には京都リサーチパーク(株)(KRP)が運営する日本最大級のシェアラボ「ターンキーラボ健都」を整備。時間単位でラボをレンタルするほか、併設するサロンでは利用者同士の交流会や勉強会等も開催する。
 健都へ進出を計画する企業だけでなく、ベンチャー企業やスタートアップを目指す研究者、学生等といった多様なニーズに対応する研究施設の開発は、JR西日本グループでは初の試み。

 そのほか、1階には交流ラウンジ「Co・Luster lounge(クラスターラウンジ)」を設置。KRPの豊富なラボ運営事業の実績・知見を生かし、イベント、交流会、ウェブを使った遠隔地との同時中継によるセミナー等を開催。入居企業や隣接する国循の相互交流を促進し、オープンイノベーションの創出に寄与していく。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。