不動産ニュース / ハウジング

2022/3/23

家庭用の自律移動ロボット開発を推進/旭化成ホームズ

 旭化成ホームズ(株)は22日、自律移動ロボットの研究開発・製造販売を行なう(株)Preferred Robotics(東京都千代田区、代表取締役CEO:礒部 達氏、以下、PFRobotics)との資本提携を発表した。

 旭化成ホームズは2021年11月、データサイエンス技術を用い、暮らしに関する多角的なサービスを創出するデジタルサービスプラットフォームの構築を目指すことを公表。第1弾として、住宅内の一部に設けた、セキュリティレベルが選択可能な収納空間の運用サービス「スマートクローク・ゲートウェイ」の運用を開始した。また、デジタル技術領域における豊かな暮らしの実現を目指し、ディープラーニング(深層学習)やロボティクスにおいて世界トップレベルの技術を持つ(株)Preferred Networks(東京都千代田区、代表取締役最高経営責任者:西川 徹氏、以下、PFN)と21年にロボット技術に関する実証研究を実施した。

 PFRoboticsは、PFNが21年11月1日に会社分割により設立した会社で、今回、デジタルサービスプラットフォームと、家庭用ロボットの連携による新たな暮らしの価値を提供していく最適なパートナーとして、資本提携を決定した。旭化成ホームズは、PFRoboticsの第三者割当増資を引き受ける契約を3月14日に締結し、3月18日に当該株式を取得した。出資額は3億円。

 今後は、住宅における商品・サービス提供において、作業系(調理・掃除ロボ等)、暮らし支援系(コンシェルジェ等)、見守り・癒し系などで活躍できる家庭用ロボットを非常に重要な技術分野と捉え、家庭用の自律移動ロボットの共同開発を推進していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。