不動産ニュース / 開発・分譲

2022/3/28

千里NTの府営住宅再整備事業で大規模Mを開発

「大阪府営豊中新千里北第2期住宅民活プロジェクト」完成イメージ

 東京建物(株)、関電不動産開発(株)、パナソニックホームズ(株)、(株)NIPPOは28日、「大阪府営豊中新千里北第2期住宅民活プロジェクト」(大阪府豊中市)のうち、用地活用企業として選定を受けたと発表した。同プロジェクトにおいて、総戸数500戸超の大規模マンション分譲事業を推進する。

 建物の耐震性の不足が認められる府営住宅について、「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律」(PFI法)に基づき再整備し、同時に創出された活用用地にて良質な住宅ストックの供給や地域のまちづくりへの寄与を図る。施行区域面積は約4.1ha。北大阪急行線「千里中央」駅から徒歩約10分で、千里ニュータウン内の立地。府営住宅の建て替え(施工者:東レ建設(株)、中林建設(株)、大勝建設(株))を先行して実施し、同建て替え完了後に創出された敷地において、4社による分譲マンション事業、戸建て事業(事業者:パナソニックホームズ(株))、高齢者福祉施設等(事業者:社会福祉法人みなと寮)を整備する。

 マンションは、敷地面積2万1,000平方メートル超に、2棟(北街区・南街区)を開発する。いずれも地上13階地下1階建て。北街区は延床面積は3万4,188.47平方メートルで、総戸数366戸。南街区は2万12.16平方メートルで、総戸数211戸。新しいワークスタイルに対応したフレキシブルな住戸プランや、「おうち時間」を充実させる共用施設などを用意する。敷地内に地域住民も利用可能な散策路を設置するほか、府営住宅や福祉施設等の計画と連携し、周辺と調和した統一感ある外観や植栽計画を採用する。

 着工は南街区が2027年6月中、北街区が28年4月末の予定。竣工は南街区が29年7月中、30年5月末を見込む。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。