不動産ニュース / 開発・分譲

2022/4/5

ベトナム・ビンズン新都市初の大型SC着工/東急

「SORA gardens SC(第1期)」イメージ

 東急(株)の子会社であるBECAMEX TOKYU CO., LTD.は、ベトナム・ビンズン省ビンズン新都市での初の大型ショッピングセンター「SORA gardens SC(第1期)」の基礎工事に着手したと発表した。開業は2023年春の予定。

 同施設は、ビンズン新都市の玄関口となる、総敷地面積12万平方メートル超の複合型ショッピングセンター計画の第1期開発。“暮らしにさらなる彩りを”をコンセプトにスーパーや映画館、ファッション、レストラン&カフェ等を誘致する。また、核テナントには、「AEON VIETNAM CO.,LTD.」が総合スーパー「イオン」をビンズン新都市に初出店する。

 敷地面積は約2万平方メートル、延床面積約2万1,500平方メートル、地上2階建て(一部4階建て)。賃貸面積は約1万4,500平方メートル。高効率水冷スクリューチラーおよび調光型高効率LED照明を導入し、年間約700tのCO2削減に貢献。同取り組みは環境省の21年度「二国間クレジット制度資金支援事業のうち設備補助事業」に採択されている。

 ベカメックス東急は、東急多摩田園都市の開発で蓄積したノウハウを生かしてビンズン新都市でまちづくりを推進しており、22年3月1日には創立10周年を迎えた。これまで住宅・商業施設の開発、学校・医療機関の誘致による都市機能の集積の他、同社子会社の「BECAMEX TOKYU BUS CO.,LTD」が6路線11系統の路線バスを展開する等、公共交通一体型のまちづくりを進めてきた。今後も新たな路線バスの整備や開発により人口流入を促進し、ビンズン新都市の発展に寄与していく考え。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。