不動産ニュース / ハウジング

2022/4/15

バーチャルモデルハウスに音声案内機能を追加

 (株)スウェーデンハウスは15日、オンライン住宅展示場システム「VRモデルハウスウォークスルー」で新たに開始する音声案内サービスの内容について発表した。

 VRを活用して実在する全国のモデルハウス等(69拠点)をバーチャル版で内覧できるサービス。2020年5月に、野原ホールディングス(株)(東京都新宿区、代表取締役社長:野原弘輔氏)と共同開発した。21年4月には、バーチャル空間上で3Dキャラクターを用いた文字による物件案内の機能も追加している。

 今回は音声による認識・案内の機能を追加。3Dキャラクターとのチャット機能を通じて、顧客がスマートフォンなどの音声認識機能を活用して質問すると、音声による案内とともにチャット欄でリアルタイムに文字でも表示される仕組み。音声案内は、モデルハウスごとで異なる内容とした。各モデルハウスの責任者が顧客から寄せられる質問を踏まえて、回答(文章)を作成している。回答の用意がない場合は、チャット欄に「コンシェルジュに相談」のリンクを案内し、顧客が必要項目を入力すると、120秒以内に同社のカスタマーセンターから折り返しの電話がかかってくる仕組み。

 サービス開始は5月13日の予定。

 スウェーデンハウス代表取締役社長の村井秀壽氏は「VRモデル内覧を採用してから契約数が増えた。顧客層にZ世代はもちろんアルファ世代が出てくる中、メタバースを意識したさらなるシステムの進化が必須」と話した。今後、同社では、顧客がバーチャルモデルハウス内にアバターとして登場し、その場で見学者同士が会話できるサービスの実装も検討しており、24年のサービス開始を目指す。「ただし、バーチャルのみを強化するのではなく、デジタルと現実世界のハイブリットで集客していく。宿泊可能なモデルハウス等、実際に見て・触れて、北欧住宅の良さを体感いただく機会も増やす」(村井氏)。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

VR

情報技術を活用して、人工的に現実感を作り出すこと。英語のVirtual Reality(バーチャル・リアリティ)の略語で、「仮想現実」「人工現実感」などと翻訳されている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。