不動産ニュース / ハウジング

2022/4/15

パナソニックH、3階建て賃貸M商品を発売

「Vieuno LUGARO」外観イメージ

 パナソニック ホームズ(株)は15日、3階建て賃貸マンション商品「Vieuno LUGARO(ビューノ ルガロ)」を発売した。賃貸住宅ブランド「ユアメゾン」の新商品としてラインアップに加える。

 同商品は、超高層ビルの構造技術を応用し、制震耐力壁と重量鉄骨の柱を組み合わせた新構法である「制震重鉄ハイブリッド構造」を採用した。繰り返しの地震に強い構造をベースに、板厚6mm・80mm角の重量鉄骨柱を1、2階に取り入れており、住宅性能表示の構造等級で最高等級を実現できる。加えて、地震による全半壊の建て替え・補修に対する独自保証も付与する。

 15cm単位の設計モジュールを基本とする設計対応力の高さも特徴。間口や奥行を15cm単位で調整でき、無駄な柱型の突出なども抑えられるため、室内空間をより広くできる。さらに、柱やオーバーハングなどにも対応できるため敷地をより有効に活用できる。

 外観の大判タイルやエントランスドアを新規にラインアップするなど、大型物件としての提案もしやすくしている。

 販売坪単価は87万円(税別)より。初年度60棟の受注を目指す。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。