不動産ニュース / 開発・分譲

2022/5/13

「大阪マルビル」を建て替え、万博に敷地の一時提供も

 大和ハウス工業(株)と(株)大阪マルビルは13日、複合ビル「大阪マルビル」の建て替えを発表した。

 敷地面積3,244.62平方メートル、延床面積4万1,069.4平方メートル、鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造地上30階(一部地上6階)地下4階建て。大阪の超高層ビルの先駆けとして1976年に竣工し、その円筒形のユニークな形状から大阪のランドマーク的な存在だった。しかし近年は、建物・設備の老朽化や周辺施設との競争力の低下が課題となっていた。そこで両社は、当該施設の建て替えを決定。2023年夏に解体工事に着手する予定。

 解体後の敷地は、25年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の開催期間中はバスターミナルとして敷地を貸し出し、バスの発着場、待機場として活用する予定。建て替え後の建物は、地上30階建てで、オフィスや大型ホールなどで構成する。

 竣工は30年春の予定。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。