不動産ニュース / 団体・グループ

2022/5/30

都宅協新会長に桑原弘光氏

都宅協の新会長に選出された桑原氏

 (公社)東京都宅地建物取引業協会は30日、日本教育会館一ツ橋ホール(東京都千代田区)で定時社員総会を開き、2021年度の事業報告を行なったほか、同年度決算報告、定款施行規則変更について審議・承認した。改選期に当たり、新役員の選任も行なった。

 役員選任では、会長選を実施。出席社員全員による投票の結果、現副会長の桑原弘光氏(新宿区支部、(有)弘原代表)が会長に選出された。桑原氏は「会員支援を第一に考え、都宅協の発展に尽力したい」と抱負を述べた。

 今回の総会をもって会長を勇退する瀬川信義氏は、「14年に就任して4期8年会長を務めさせていただいた。新会長には(1)会員ファースト、(2)全体最適化、(3)長期的な視野での協会運営を意識していただき、改革の流れを途切れさせることなく続けていってほしい。組織の持続可能性のために課題は山積だ。桑原新会長にはのびのびと力を発揮してもらいたい」などと挨拶した。

 このほか、定款施行規則の変更では、組織財政改革関連の内容を改定。従来30人以上で構成していた各常任委員会の編成を、15人以下までスリム化する。また、23年度より支部を3エリア12ブロック制に再編することを踏まえ、エリアの事業に関するコスト負担等の規定も定めた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。