不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/7/4

Z世代、約4割が1年以内の住み替え希望

 若年層や外国人を対象にシェアハウス「TOKYO<β>」を展開するTOKYO<β>(運営会社:(株)三好不動産)は、Z世代の「住まい」に関する意識調査の結果を公表。東京都内で同シェアハウスを利用する18~30歳の男女664人を対象に、6月にインターネットで調査を行なった。

 都内の他の物件に住み替えができるとしたら、どのくらいの頻度で住み替えたいか尋ねたところ、約43%が入居から1年以内の住み替えを希望。その理由は「職場や勤務先の変更」(52.56%)がトップで、「今よりも広い家に住みたい」(45.18%)、「今よりもキレイな家に住みたい」(41.72%)と続いた。一方、「気分転換」(26.81%)、「住んでみたいまちがある」(20.18%)との回答もあるなど、Z世代の住まいに対する柔軟な考え方が浮き彫りとなった。

 上京して実現したい夢について聞くと、「起業家・経営者」が42.0%で最多。次いで、「資格関係(美容師、看護師、保育士など)」(31.0%)、「俳優、タレント、モデル等の役者関係」(9.8%)、「YouTuber、ライバー等のインフルエンサー」(9.8%)となった。

 気軽に住み替えができると思う初期費用については、「1万円以内」が30.57%でトップ。「3万円以内」(29.97%)、「5万円以内」(22.74%)と続いた。また衣食住のうち月々「住」にかけるコストを聞いたところ、約70%が「5万円以内」と回答し、「住」の優先度が低いことが分かった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。