不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2022/7/4

売上高・利益とも過去最高/スターM22年11月期2Q

 スター・マイカ・ホールディングス(株)は4日、2022年11月期第2四半期決算(連結)説明会を開催した。

 当期(21年12月1日~22年5月31日)は、売上高276億100万円(前年同期比27.6%増)、営業利益37億7,300万円(同68.7%増)、経常利益34億5,300万円(同80.5%増)、当期純利益23億8,300万円(同78.3%増)。リノベマンション事業が大幅に伸長し、第2四半期では売上高・利益とも過去最高となった。

 主力のリノベマンション事業では、積極的な物件仕入れが奏功し、賃貸収入が19億9,929万円(同1.0%増)に。販売面においては、1戸当たりの利益にこだわった販売戦略を実行し、販売収入は252億2,491万円(同30.9%増)。販売利益率は16.2%(同4.0ポイント増)だった。その結果、売上高272億2,420万円(同28.2%増)、営業利益36億8,925万円(同63.3%増)を計上。

 インベストメント事業については、売上高の計上はなし。アドバイザリー事業では、売買仲介業務が順調に推移。投資家向け売買仲介に伴う手数料増加も寄与し、売上高6億3,312万円(同13.3%増)、営業利益3億6,390万円(同45.4%増)となった。

 また、4月に福岡支店を移転し機能を拡充。下期には、神戸支店の開設や仙台支店の機能拡充を予定している。仕入れ目標約1,600戸のうち902戸(進捗率56%)、販売目標約1,400戸のうち849戸(同60%)を達成。東京・横浜に続き、仲介子会社であるスター・マイカ・レジデンス(株)大阪支店を開設し、販売・管理機能の強化も図る。

 同社代表取締役の水永政志氏は、ステークホルダーへのコミットメントを明確化すると言及。「『“作る”から“活かす”社会の実現へ』を企業理念に掲げ、公正・誠実に事業を行なうとともに、社会に役立つ事業の創造へチャレンジする。また、クラウド化、モバイル活用によるリモートワークを推進することにより、1人当たりの生産性向上を目指す。また、女性目線での商品開発ラボも設立し、女性が活躍できる職場環境づくりに努めたい」などと話した。

 通期は、売上高474億1,000万円、営業利益56億4,300万円、経常利益49億1,600万円、当期純利益33億8,500万円を見込む。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

リモートワーク

従業員が、情報システムを利用して自宅など職場以外の場所で勤務すること。英語のremote working(リモート ワーキング)である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。