不動産ニュース / 開発・分譲

2022/7/13

横浜のマンションで緑や花のある暮らしをサポート

「イニシア横浜天王町」のエントランス

 (株)コスモスイニシアは13日、分譲マンション「イニシア横浜天王町」(横浜市保土ケ谷区、総戸数65戸)で実施する、緑や花のある暮らしをサポートする取り組み「Living With Green」について発表した。

 空間デザインブランド「parkERs(パーカーズ)」が監修する。居住者が月に一度エントランス内の指定箇所に配置した生花の中から一輪を自由に持ち帰ることができるサービスを提供するほか、専有部内の植物育成の相談受付、共用部の植栽メンテナンスを実施。季節の花のアレンジメント体験や、花と葉のフレームアートづくりのワークショップなども開催する。

 同物件は、相鉄線「天王町」駅より徒歩3分の立地。敷地面積は1,054.05平方メートル、延床面積4,371.65平方メール、鉄筋コンクリート造地上7階建て。住戸の間取りは1LDK~3LDK。2022年2月に竣工、3月に入居を開始している。エントランスは、parkERsの協力を得て設計した。シンボルツリーを設けたほか、自然素材や緑を多く採用。ベンチや水のせせらぎを感じられる水什器を配置している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。