不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/7/20

希望通りの売却、経験者の8割以上が「仲介担当者選び」

 三菱地所リアルエステートサービス(株)は20日、運営する不動産売却仲介担当者マッチングサイト「TAQSIE(タクシエ)」で実施した「不動産売却に関するアンケート」調査結果を公表した。

 調査対象は、東京都23 区内在住で、家の売却検討者・経験者の30~59歳の男女(うち売却経験者2,816人)および同サイトモニター参加者で、有効回答数はアンケート調査2万46件、モニタ―調査64件。調査期間は2022年5~6月。

 調査では、「家を希望条件で売却するために重要なこと」について、売却回数1~3回経験者の80%以上、モニター参加者の94%以上が、「仲介担当者探し」と回答。売却がはじめての人の57.8%が「仲介担当者選びが手間である」と感じており、その理由として「売却内容を重複して説明がする必要があること」「複数人とのコミュニケーションが煩雑であること」が多く挙がっている。担当者選びで求める情報は、「売却実績」次いで「得意なエリア」が上位となり、売却を経験した人の78.2%が、3人以内に依頼先の担当者を決めているという結果に。

 モニター調査では、88%が売却の相談前に担当者情報が知りたいと回答しており、担当者選びで求める情報は、「企業名」「プロフィール」「売却実績」「得意なエリア」が重要な要素として挙がっている。モニター参加者コメントでは、「一括査定だと担当者が分からない状態だが、プロフィールが見られて、入口がチャットなのはいい」「各担当者の経歴・売買実績を見ることによって、得意な分野・エリアが分かるので、自分の物件に合った仲介担当者が選べる点が良かった」などの声が聞かれた。

 なお、「TAQSIE」には、7月20日時点で三菱地所ハウスネット(株)、東京建物不動産販売(株)、(株)⾧谷工リアルエステートなど9社が参加。7月28日には参加不動産会社の追加、東京都23区および都下、神奈川県・埼玉県・千葉県の主要都市への拡大を予定している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。