不動産ニュース / 開発・分譲

2022/8/8

品川に在宅ワーク想定の賃貸マンション/中央日土地

「バウスフラッツ品川キャナルサイド」外観

 中央日本土地建物(株)は8日、賃貸マンション「バウスフラッツ品川キャナルサイド」(東京都港区、総戸数65戸)を竣工した。

 JR山手線・京浜急行電鉄本線「品川」駅徒歩10分に立地。敷地面積約329平方メートル。鉄筋コンクリート造地上15階建て、延床面積約2,356平方メートル。単身者およびDINKSをターゲットに、間取りはワンルーム~2LDK(22.55~51.01平方メートル)を用意した。一部居室には壁面格納式のデスクやシェルフを設置し、在宅ワーク対応可能に。Wi-Fiは全居室に完備する。

 高浜運河に面するウォーターフロントに位置することから、外観はグレーを基調に4色のタイルをランダムに設置し、水面の「ゆらぎ」を表現。全居室のバルコニーを運河側に配置し、開放感を演出している。

 8月から入居を開始する予定。

壁面に格納できるデスク・シェルフイメージ

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

テレワーク

働き方のひとつで、情報通信機器等を活用して時間や場所の制約を受けずに柔軟に働く方法をいう。事業所に出勤せずに家で作業する在宅勤務、個人が委託・請負によって作業する在宅ワークなどがあるが、情報通信技術を幅広く活用することが特徴である。 テレワークにおいては、住宅が職場ともなり得る。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。