不動産ニュース / 開発・分譲

2022/8/31

四条烏丸10年ぶりのオフィス供給/東京建物

「東京建物四条烏丸ビル EAST」イメージ

 東京建物(株)は31日、オフィスビル「東京建物四条烏丸ビル EAST」(京都市下京区)を満床で竣工した。

 同社が保有する「四条烏丸FTスクエア」の一部建て替え(増築)プロジェクト。阪急京都線「烏丸」駅、市営地下鉄烏丸線「四条」駅徒歩3分に立地。四条烏丸でのオフィスビル新規供給は約10年ぶりとなる。建築面積約956平方メートル。鉄骨造地上7階建て、延床面積約6,065平方メートル。1階が店舗、2~7階がオフィスフロア。オフィスフロアは、各階にテラスを設置。執務可能なデスクを用意することで、ワーカーが柔軟に働く場所を選べるようにした。

 感染症対策として、オフィスフロアの窓は開閉可能なものを採用。エレベーターは非接触ボタン式とした。
 建物は建築基準法で定められた耐震基準の1.25倍の耐震性を確保。39時間運転可能な非常用発電機も備え、停電時にはオフィス専有部に対しても電源供給を行なうなどテナントのBCP対策を支援する。
 環境性能面においては、建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)の建築物全体評価最高ランクの星5つ認証、建築環境総合性能評価システム「CASBEE」の「CASBEE-建築(新築)」・「CASBEE-ウェルネスオフィス」の最高ランクのSランク、(株)日本政策投資銀行による2022年度版「DBJ Green Building 認証」の星4つ認証を獲得済み。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

DBJグリーンビルディング認証

環境・社会への配慮がなされた不動産(Green Building)を認証する仕組み。DBJ(日本政策投資銀行Development Bank of Japan Inc.)が運営する任意の制度である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。