不動産ニュース / 仲介・管理

2022/9/12

ベトナム・ハノイのビルの使用電力をCO2フリー化

 ダイビル(株)はこのほど、グループ会社のDaibiru CSB Co.,Ltd.を通じて、ベトナム・ハノイ市に保有・運営するオフィスビル「コーナーストーン・ビルディング」の使用電力すべてをCO2フリー化することを決定した。

 RE100対応のグリーン電力証書「I-REC」を取得することで、2022年度以降の全使用電力を再生可能エネルギー由来のものとして、電力使用に伴うCO2排出量実質ゼロを達成する。これにより、年間約400万kWhの電力が再生可能エネルギー由来に置き換わり、年間約3,800tのCO2排出量削減が見込めるという。

 なおこの取り組みにより、同物件の入居テナントは、そのオフィスや店舗等で使用する電力のCO2排出量がゼロとなり、環境面での企業評価の向上につながる。

 今後ホーチミン市に所有する「サイゴン・タワー」についても使用電力のCO2フリー化を予定しているほか、海外事業における環境負荷軽減への取り組みを積極的に推進していく計画。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

再生可能エネルギー

短期間に再生し、あるいは消滅しない燃料源から取り出されるエネルギーをいう。そのような燃料源として、太陽光、風、流水、植物・バイオマス、地熱などがある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。