不動産ニュース / 開発・分譲

2022/9/15

東京ミッドタウン八重洲、17日に一部先行オープン

「東京ミッドタウン八重洲」外観

 三井不動産(株)は、「東京ミッドタウン八重洲」(東京都中央区)の竣工を発表した。17日には、地下2階に「バスターミナル東京八重洲(第1期エリア)」がオープンするのに合わせ、同日、一部の商業施設を先行オープンする。全体開業は2023年3月10日。

 八重洲二丁目北地区市街地再開発組合の一員として推進しているプロジェクトで、8月31日に竣工した。建物は、地上45階地下4階建ての「八重洲セントラルタワー」と地上7階地下2階の「八重洲セントラルスクエア」の2棟構成で、敷地面積1万3,433平方メートル、延床面積は合計で約29万平方メートル。八重洲セントラルタワー40~45階は「ブルガリホテル東京」、7~38階は東京駅周辺で最大級の基準階専有面積約4,000平方メートル(約1,200坪)のオフィスフロア。地下1階~地上3階は商業施設。1~4階は、9月1日に開校した中央区立城東小学校。

 バスターミナルは、東京駅前の再開発事業3エリアそれぞれで(独)都市再生機構が整備を進めているもの。運営は京王電鉄バス(株)。今回オープンする「東京八重洲」はそのうちの一つで、6つの昇降バースを備えている。

 同日、バスターミナルの開業式典を挙行。バスの出発式には城東小学校の児童が参加した。第1期エリアオープン後は、地上等から発着している1日当たり約1,200便のうち500便を第1期エリアに移行。新規で募集した約50便と合わせ1日約600便のバスを発着させる予定。

 商業エリアのうち、先行オープンするのは地下1階の13店舗。バスターミナル利用者を含む観光利用客やオフィスワーカーが短時間で利用できる店舗として、おにぎり店や立ち食い寿司などがオープンする。17日からは八重洲地下街からB1フロアへのアクセスが可能となる。

 また、八重洲セントラルタワー40~45階に入居する「ブルガリホテル東京」の開業日が23年4月に決まったことも明らかになった。 

地下1階の店舗が17日より先行オープンする
17日からは、東京駅から八重洲地下街を通過し当施設まで地下直結のアクセスが実現する

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。