不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/9/15

都心5区M価格、標準タイプはやや上昇

 (一財)日本不動産研究所は15日、「住宅マーケットインデックス2022年上期」の調査結果を発表した。アットホーム(株)と(株)ケン・コーポレーションが提供した賃貸・分譲マンション事例データを基に、東京23区の新築・既存(築10年)マンションを、大型(80平方メートル以上)・標準(40~80平方メートル未満)・小型(40平方メートル未満)に分け、賃料・価格等を集計・分析した。

 1平方メートル当たりのマンション賃料は、都心5区で新築が大型7,310円(前期比5.1%上昇)、標準5,123円(同2.5%上昇)、小型4,549円(同0.5%上昇)。既存は大型6,552円(同5.3%上昇)、標準4,687円(同2.5%上昇)、小型4,280円(同0.5%上昇)。新築および既存の大型タイプと標準タイプはともに上昇し、調査開始以来の最高値となった。新築および既存の小型タイプはほぼ横ばい。

 東京23区では、新築が大型6,143円(同4.6%上昇)、標準3,651円(同1.4%上昇)、小型3,854円(同0.7%上昇)。既存は大型5,507円(同4.6%上昇)、標準3,377円(同1.5%上昇)、小型3,630円(同0.7%上昇)。東京23区については、新築および既存のすべてのタイプが上昇し、最高値となった。

 1平方メートル当たりのマンション価格は、都心5区で、新築が大型165万円(同1.9%下落)、標準149万9,000円(同1.2%上昇)、小型172万5,000円(同10.8%上昇)。既存が大型180万円(同4.1%下落)、標準132万6,000円(同2.8%上昇)、小型125万7,000円(同5.2%上昇)となった。新築の大型は、前期比と前年同月比ともに大幅に下落。中央区の選手村跡地の大量供給により、平均単価が押し下げられたことが要因とみられる。なお、標準タイプは前期よりやや上昇、小型タイプは依然として上昇傾向が続いている。また、既存の大型タイプは前期の最高値よりやや低下したが、標準タイプと小型タイプはともに上昇し、最高値となった。

 東京23区は、新築は大型が154万8,000円(同6.3%下落)、標準117万8,000円(同1.6%下落)、小型130万6,000円(同1.1%上昇)。既存は大型137万4,000円(同19.2%上昇)、標準98万5,000円(同9.7%上昇)、小型103万3,000円(同4.1%上昇)だった。新築の大型タイプは5区と同様の理由で大幅に下落。なお、標準タイプは前期の最高値よりやや低下したが、小型タイプは上昇し、再び最高値に。既存のすべてのタイプは上昇して最高値となった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。