不動産ニュース / 開発・分譲

2022/9/20

マレーシアで大型物流施設を開発/大和ハ

「DPL Malaysia III」外観イメージ

 大和ハウス工業(株)は20日、マレーシア・セランゴール州で、大型マルチテナント型物流施設「DPL Malaysia III(ディーピーエル・マレーシア・スリー)」を10月1日に着工すると発表した。

 同社グループでは、「第7次中期経営計画(2022年4月~27年3月)」の事業施設事業において、成長エンジンとして日系企業のグローバル戦略をサポートを掲げている。マレーシアでは、20年9月に「DプロジェクトマレーシアI」、21年11月に「DプロジェクトマレーシアII」を竣工。旺盛な物流需要などを背景に両施設とも竣工前に満床となったことを受け、今回新たな施設開発に乗り出した。

 「DPL Malaysia III」は「DプロジェクトマレーシアI・II」に隣接地で開発。クアラルンプール中心部から約27km、「クアラルンプール国際空港」から約40kmの工場・物流施設の集積地帯に位置する。敷地面積約6万742平方メートル、延床面積約15万6,292平方メートル、鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造地上3階建て。同社の海外事業で最大規模の物流施設となる。総事業費は約170億円。

 賃貸面積は約11万4,122平方メートルで、最大12テナントが入居可能。Eコマースや食品卸売業者、小売業者などの入居を想定し、各階に接車ができるようランプウェイを設ける。また屋内駐車場も設置し、各区画へのスムーズな移動をサポートする。

 竣工は25年1月、入居開始は同年2月を予定する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。