不動産ニュース / 開発・分譲

2022/9/22

西鉄久留米駅の商業施設をリニューアル

北側改札のフードコート入口

 西日本鉄道(株)は21日、「西鉄久留米」駅の高架橋耐震補強工事を機に、同駅ビルのリニューアル工事に着手すると発表。商業施設名を「レイリア久留米」の改称し、2024年9月にグランドオープンする。

 西鉄天神大牟田線では、06年より耐震補強工事を実施しており、同駅も19 年より耐震補強工事を行なっている。今回の駅ビルリニューアルは、”行き交う人がちょっと一息つける、街の中のオアシス空間”をコンセプトにした商業施設にリニューアルすることで、駅やバスセンターの利便性を向上させ、さらなるまちの活性化やにぎわい創出に貢献することが狙い。

 1階にある「にしてつストア久留米タミー店」を12月より仮設店舗営業とし、24 年 3月にリニューアルオープン。さらに「にしてつストア」入口付近に、スーパーと相性のよい食物販や総菜店舗区画を設け、同年9 月には食物販・飲食ゾーンとしてオープンする。

 また、バスセンター内店舗を増床し、飲食コーナーを設置。ファサードの仕様を揃え、店舗東側の壁をガラス面に変更し店舗入口を設けることで、駅東側の環境改善に努める。バスセンター南側店舗は23年6月に、北側店舗は24年9月にオープン予定。

 さらに2階北側改札前にフードコートを新設。バスや電車の運行状況を表示するデジタルサイネージを設置し、利便性向上を図る。フードコートには、5店舗・194席が出店予定でオープンは23年6月。

 その他、2階の専門店街とフードコートを繋ぐ西側通路には、ATM コーナーやピックアップロッカーなどを設置。また、テイクアウトに特化した店舗を誘致するなど、アフターコロナののサービス機能を充実させる予定。完成時期は23年6月の予定。

 工期は22年9~24年9月で、投資額は約17億円。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。