不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/9/28

三友地価予測、現時点では上昇傾向も先行き不安

 (株)三友システムアプレイザルは28日、「三友地価予測指数」(2022年9月調査)を公表した。

 同社と提携する不動産鑑定士174名を対象に調査。商業地、住宅地のいずれも地価の先行指標となり得る高度利用地を前提に、地価の動向を上昇(100)・やや上昇(75)・横ばい(50)・やや下落(25)・下落(0)の5段階の指数で評価した上で、指数ごとに回答者比率を乗じて加算している。指数は50が上昇・下落の分かれ目となる。調査期間は8月1~31日。

 商業地指数の「現在」(過去6ヵ月の推移を踏まえた現時点における地価の動向)については、東京圏72.7(前回調査比9.1ポイント上昇)、大阪圏60.9(同8.7ポイント上昇)、名古屋圏74.9(同8.2ポイント上昇)といずれも上昇した。一方で、原油高・物価高が進行する中、今後はスタグフレーション(需要に裏付けられない物価高)のリスクへの懸念を示した。また、原材料高騰下において商品・製品等への価格転嫁が進まず企業の賃料負担力、生産力等の低下も見込まれる。そうした中、将来予測については弱気の声が見られ、「先行き」(6ヵ月程先に向けた動向)については、東京圏65.7、大阪圏65.0、名古屋圏60.7と、東京圏、名古屋圏は下降の予測となった。

 住宅地指数の「現在」は、東京圏は78.0(同3.0ポイント上昇)、大阪圏が70.8(同12.0ポイント上昇)、名古屋圏が80.4(同10.4ポイント上昇)と、いずれも上昇した。「先行き」は、東京圏65.1、大阪圏63.3、名古屋圏64.3。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。