不動産ニュース / 開発・分譲

2022/11/4

草加に埼玉県3棟目のホテル/アパ

「アパホテル<埼玉谷塚駅前>」外観

 アパホテル(株)は1日、(株)西町(青森県八戸市)とフランチャイズ契約を締結し、埼玉県内3棟目となる「アパホテル<埼玉谷塚駅前>」(埼玉県草加市、客室数97室)を開業した。

 西町は、2015年に所有していたホテルを「アパホテル<本八戸駅>」(青森県八戸市、客室数112室)としてリブランド。業績が好調に推移したことから、2棟目のFC契約を行なうこととなった。

 東武スカイツリーライン「谷塚」駅徒歩2分に立地。鉄骨コンクリート造陸屋根地上6階建て。客室はシングル(72室)、ダブル(20室)、ツイン(5室)を用意。料金はシングル(広さ15平方メートル)で1万2,000円~(サービス料・税込み)。 

 全室に50型以上の大型液晶テレビを設置し、テレビ画面上に館内案内をデジタル表示した「アパデジタルインフォメーション」、映画・アニメ200タイトル以上が無料で見放題のVODサービスなどを導入。1秒チェックイン機や、アプリチェックインなどで、「非接触」、「待たない」、「並ばない」を実現したストレスフリーのオリジナルデジタルサービスも提供していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。