不動産ニュース / 開発・分譲

2022/11/17

「新さっぽろ」駅の大規模複合開発、街区名が決定

「MAARUKU SHINSAPPORO(マールク新さっぽろ)」ロゴマーク

 大和ハウス工業(株)は16日、6者(大和リース(株)、医療法人脳神経研究センター新さっぽろ脳神経外科病院、医療法人新札幌整形外科病院、社会医療法人交雄会メディカル交雄会新さっぽろ病院、学校法人札幌学院大学、学校法人滋慶学園札幌看護医療専門学校)と進めている「新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」の街区名称とロゴマークを決定したと発表した。

 同プロジェクトは、総敷地面積約5万5,700平方メートルに、大学等の教育機関(G街区)と分譲マンション・ホテル・商業施設・医療施設(I街区)に分けて開発する大規模複合開発事業。概要については過去のニュースを参照。

 街区名称は、親しみのある言葉で誰もが愛称で呼びやすいネーミングとして、「MAARUKU SHINSAPPORO(マールク新さっぽろ)」に決定した。ロゴマークは、プロジェクトの開発コンセプト「商業、ホテル、予防医療・地域医療、タワーマンション、子育て、産学連携、教育の7つの成長エンジン」を虹色に配色。まちのシンボルである「アクティブリンク」を想起させるデザインを採用した。

 「G街区」は2021年4月に開業。「I街区」は分譲マンション「プレミストタワー新さっぽろ」が23年5月に竣工の予定。ホテル「ラ・ジェント・ステイ新さっぽろ」が同年7月、商業施設「BiVi(ビビ)新さっぽろ」が同年11月に開業する予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?