不動産ニュース / 開発・分譲

2022/11/17

札幌の再開発のデザイン監修に隈研吾氏招へい

 平和不動産(株)は17日、現在都市計画決定に向けた手続きが進められている「(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業」(札幌市中央区)のデザイン監修に、建築家の隈研吾氏を招聘したと発表した。同再開発の概要は2022年7月13日のニュースを参照。

 札幌市営地下鉄「大通」駅の直上の敷地面積約5,030平方メートルに業務、商業、宿泊、駐車場で構成する複合ビルを整備する計画。地上34階地下3階建て、高さ約185m、延床面積は約9万9,400平方メートル。

 交流拠点としての魅力向上につながる空間の形成や、国際競争力を高める機能の整備、環境負荷低減などの整備方針を立て、地下広場の拡充や高機能オフィス・ハイグレードホテルの整備、地域冷暖房プラントの設置などの取り組みを進める。

 隈氏と共に、札幌都心部の中心的な場にふさわしい拠点の形成に向けた魅力的なデザインの検討に取り組んでいくという。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?