不動産ニュース / 開発・分譲

2022/11/25

ロサンゼルスで賃貸住宅を開発/関電不

ロサンゼルス郡モンロビア市で開発する賃貸住宅の完成イメージ

 関電不動産開発(株)は24日、米国の現地法人Kanden Realty & Development America LLC(KRDA)を通じて、西日本鉄道(株)、(株)サンケイビル、田村建材(株)、Adept Developmentと共同で、ロサンゼルス郡モンロビア市で賃貸住宅(総戸数232戸)を開発すると発表した。

 ロサンゼルス近郊に位置するモンロビア市は、人口規模は小さいものの高級住宅エリアや企業が多くあるパサディナ市に近く、住宅地として人気のエリア。ロサンゼルス中心街にも車・電車で約40~50分でアクセス可能で、通勤・通学の利便性に優れる。2018年以降、新規オフィスの供給に伴う雇用も増加しており、今後も高い住宅ニーズが見込まれる。

 今回開発する賃貸住宅は、ロサンゼルスダウンタウンにつながるゴールドライン「メトロモンロビア」駅より徒歩1分に位置。敷地面積は約7,400平方メートル。間取りはStudio、1BR~3BRの4タイプを用意する。関電不動産開発が21年1月に事業参画を発表した520 Projectに次ぐAdeptとの2件目の協業案件で、カリフォルニア州で新築住宅を開発するのは初となる。

 同社は22年10月にKRDAのロサンゼルス事務局を開設。同プロジェクトへの参画を通じて、米国における不動産事業に関する知見を拡充すると共に、全米各州におけるさらなる事業参画の機会を検討し、米国における収益拡大を目指す。

 竣工は2024年9月の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
新しい住宅トレンドは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/11/17

「記者の目」更新いたしました

地元の魅力を発信する不動産屋さん「プリンスジュン」」を更新しました!
神奈川県中郡二宮町で愛される王子様をご存じですか?普段は仮の姿として不動産業に従事する「プリンスジュン」。その生態をレポートします。