不動産ニュース / 開発・分譲

2022/12/5

省エネ住宅ブランドの主要構造材をすべて国産檜材に

梁材に採用するJAS認定国産檜集成材は非ホルムアルデヒド系接着剤使用のものとし、人体への有害性を限りなく抑える

 (株)住協はこのほど、主力商品であるセミオーダーの省エネ住宅「J-ECO」の主要構造材を、すべて国産檜材へと変更したと発表。

 同社では、「J-ECO」の土台と柱について、2019年よりJAS認定の国産無垢檜材の使用を開始している。主要構造材を全量国産檜材とすることを決定。土台と柱の仕入れ先である院庄林業(株)と提携し、梁に使用する木材についてもJAS認定の国産檜集成材へと変更し、仕入れを行なうこととした。

 これにより、JAS認定を受けた高品質な檜の国産無垢材と集成材の安定的な仕入れを実現。ウッドショック下でも高品質な住宅を継続供給することが可能となる、としている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
賃貸仲介・管理業の10年後
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/2/1

「海外トピックス」更新しました!

まるで動くマンション!いまRV市場が熱い【アメリカ】」配信しました。
アウトドア大国アメリカで近年売り上げを伸ばすのが、キャンピングカー(RV)。コロナ禍に伴うリモートワークの浸透や、インフレによる家賃高騰などを受け、幅広い世代でブームとなっている。現地ライターがその裏側を取材!