不動産ニュース / 開発・分譲

2022/12/6

横浜に「シタディーン」ホテル。23年6月開業

「シタディーンハーバーフロント横浜」外観パース

  NTT都市開発(株)と同社グループ会社でホテル経営を手掛けるUDホスピタリティマネジメント(株)は6日、横浜市中区で開発を進めている「横浜日本大通りプロジェクト」内のホテルを「シタディーンハーバーフロント横浜」(客室数242室)とすることを決定。2023年6月14日に開業すると発表した。

 旧横浜電話交換局跡地の再開発。地下鉄みなとみらい線「日本大通り」駅直結。敷地面積1,593.17平方メートル、鉄筋コンクリート造一部鉄骨造地上17階地下2階建て。延床面積約1万3,800平方メートル。

 「“都市と自然が融合し、和と洋の歴史的文化が交わる街”での『活動と休息』」がコンセプト。客室タイプは、スタジオから2ベッドルームまで用意。専有面積は24~93平方メートル。全室に電子レンジ、約半分の客室にキッチンや洗濯乾燥機を備え、1泊の短期から1ヵ月以上の長期まで、幅広いニーズに応える。共有キッチンを設けたラウンジ、フィットネスジム、会議室、コインランドリーなどの設備も用意する。

 なお、「シタディーン」は、世界で宿泊施設を運営するアスコット社が展開しているサービスアパートメントのブランド。日本国内における「シタディーン」は、今回の施設が5施設目となる。ホテルのオペレーションは(株)アスコットジャパンが担当する。

 NTT都市開発取締役ホテル&ホスピタリティ事業本部長の高橋庸人氏は、「日本の近代化における西洋文化の窓口ともいえる横浜らしいホテルとしてシタディーンブランドのホテルとすることに決定した。観光やビジネスニーズ、さらにはプレジャー(仕事×余暇)ニーズと幅広いニーズに対応していく」と語った。

7階に設けるゲストラウンジ。キッチンやコーヒーマシンを用意し、イベント利用も可能とする

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
賃貸仲介・管理業の10年後
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/2/1

「海外トピックス」更新しました!

まるで動くマンション!いまRV市場が熱い【アメリカ】」配信しました。
アウトドア大国アメリカで近年売り上げを伸ばすのが、キャンピングカー(RV)。コロナ禍に伴うリモートワークの浸透や、インフレによる家賃高騰などを受け、幅広い世代でブームとなっている。現地ライターがその裏側を取材!