不動産ニュース / 仲介・管理

2023/1/19

留学生の生活支援、関連企業が一般社団法人設立

留学生向けに提供するプラットフォームのイメージ

 ハウスコム(株)などが中心となり、「(一社)外国人留学生支援 KAKEHASHI」が設立された。

 国際人材の獲得競争が激化する中で、日本のおいても留学生の受け入れは必要不可欠だが、言語・文化の違い、生活環境への不安・不満の定着が課題となり、なかなか受け入れが進んでいない実態がある。

 そこで同社は2020年より、外国人留学生の生活・仕事などの支援プロジェクト「外国人留学生支援 KAKEHASHI」に着手。不動産関連会社を中心とした有志企業等と共に、留学生が住み、学びやすい環境やサポート体制に構築に取り組んできた。

 同プロジェクトのさらなる発展を目的に設立した一般社団法人には、同社をはじめ(株)グローバルトラストネットワークス、ビレッジハウス・マネジメント(株)、(株)学生情報センターなど6社が参加。理事長には東急不動産ホールディングス(株)顧問の北川 登士彦氏が就任した。留学生のニーズに合った住居および家賃保証会社に関する情報提供に取り組んでいく。

 このほか、クレジットカードや各種ローンなどの金融サービス、電気・ガス・水道の手続きコンシェルジュサービス、住居登録・口座開設同行サポートサービスなど、来日してから必要となる生活インフラを取り扱う優良事業者の紹介も行なう。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?