不動産ニュース / 仲介・管理

2023/2/1

リバブル、仲介M向けにスマートホームリフォームパッケージ

 東急リバブル(株)は1日、既存マンションリフォームに関して(株)LIXILと提携したことを発表。同社の仲介で既存マンションを購入し、提携リフォーム会社にリフォームを発注したユーザー向けに、独自のスマートホームリフォームパッケージの提供を開始した。

 新築マンションやリノベーション物件へのスマートホームデバイスや対応家電を導入するケースも増加してきたが、個人が既存住宅に導入するにはスマート家電や接続機器の選び方など、ハードルも高い。そこで、両社では、スマートホーム化リフォームパッケージを開発した。

 同パッケージは、LIXILのIoTホームリンク「Life Assist2」を使用したもので、エアコン・床暖房対応のガス給湯器・照明用スイッチおよび接続機器の設置工事、接続設定、施主と家族のスマートフォンとの連携設定に至るまでトータルサポートを含む商品構成となっている。販売価格は標準パッケージ価格で70万円(税込み)。「スマートホームに興味は持っていても、設定の煩雑さやコスト面で躊躇するユーザーは多い。マイホーム購入を機に検討しやすくした」(同社)。

 指定事業者による施工となるため、当初の対象エリアは横浜市・川崎市の東急田園都市線エリアが中心。今後、順次拡大していく予定。

この記事の用語

リフォーム

建物の構造強化、機能向上などを図るための改修をいう。リフォームの種類には、耐震化、バリアフリー化、省エネルギー化、耐久性向上化などのための工事がある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。