不動産ニュース / 開発・分譲

2023/2/20

集約販売拠点でマンション共創PJをプレゼン

ブルーモアコンセプトブース内のハーフモデル。「アート」や「緑」に囲まれた生活をイメージ。ブルーモア仕様の設備仕様で固められている
寝室、水回りとつながったユーティリティスペース。デスクワーク場所としてだけでなく、クローゼットとしても機能する

 東京建物(株)は、このほどオープンした新築分譲マンションの集約販売拠点「Brillia Gallery 新宿」(東京都新宿区)に、ユーザーとの共創プロジェクト「bloomoi(ブルーモア)」のコンセプトブースを設け、顧客へのプレゼンテーションと、新たな商品開発のための情報収集を行なっていく。

 同プロジェクトは、2012年に活動をスタート。主として「働く女性」へのヒアリング等を通じ、インテリア性を重視した「コダワリキッチン」や“通いたくなるごみ置き場GOMMY”など、マンションの商品企画に反映してきた。活動開始から10年経ったことから、今後は共創の幅を働く女性からさらに拡げ、より多様な人々の声を反映した商品企画とサービスの提供を目指している。

 コンセプトブースでは、これまで開発してきた約100の商品企画のうち、代表的なもの72をパネルにして展示。水回りとリビングを中心としたハーフモデルルームでは、「アート」と「緑」をテーマとした暮らしをアピールするほか、クローゼットとワークスペースを兼ねた「ユーティリティスペース(居室扱い)」も提案している。また、常設展示の「ブリリアコンセプトショールーム」を合わせ、現在ラインアップしている3つのキッチンすべてを確認できるようにした。

 「Brillia Gallery 新宿」は広さ約200坪。同コンセプトブースのほか、3LDK・72平方メートルの同社の標準的マンション間取りと商品企画を再現したコンセプトショールーム、眺望・間取り・設備・インテリアなどが確認できるVRコーナーを設置。VRコーナーでは、約200インチの壁面へ1物件につき最低2住戸以上の間取りを投影。実寸大に近いスケールで居室の確認ができる。

 今後、都内の中小規模物件(100戸以下)の販売活動の拠点とする。販売初弾は「Brillia三河島 Station Front」(東京都荒川区、総戸数56戸)。今年度は3物件前後の販売を計画している。

ブルーモアでのヒアリング結果等で反映された主要な商品企画をパネル展示
写真裏にはユーザーの声や開発者の想いが記載されている

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。