不動産ニュース / 開発・分譲

2023/2/28

八尾市で物流施設竣工/日本GLP

「GLP八尾I」外観

 日本GLP(株)は27日、「GLP八尾I」(大阪府八尾市)の竣工を発表。

 大阪外環状線に隣接。近畿自動車道「東大阪南」IC「八尾」ICよりそれぞれ4km、西名阪自動車道「藤井寺」ICから約6kmと、大阪市内のみならず奈良や和歌山などの南近畿地域までアクセスが可能な場所に立地。また近鉄大阪線「高安」駅から徒歩12分と通勤利便性にも優れ、住宅地が隣接するため、雇用確保の面でも優位性がある。

 敷地面積2万6,913.27平方メートル、地上4階建てで、延床面積は5万4,645.98平方メートル。高度なマテハンシステムの導入を可能とする床開口に対応。空調やカフェテリアの設置などにより、従業員の快適性向上にも配慮している。周辺エリアからの交通利便性を確保するため、自転車用の駐輪場を約400台分確保した。

 CASBEE(新築)認証取得済み。ZEB認証、BELS認証の取得も予定している。

 JP楽天ロジスティクス(株)が専用施設として一棟全体を利用する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2024年1月号
十社十色の成功事例
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/12/5

月刊不動産流通2024年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通」2024年1月号、本日発売となりました!

今回は、毎年1月号の恒例企画、特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2024」を掲載。地元での認知度が高く、成長を続けている不動産事業者はどのような戦略で、どういった取り組みを行なっているのか…、全国各地10社を取材しました!「米軍人の住宅仲介に特化し、軍艦到着時には行列ができる事業者」や「風営法許可申請のサポート等、テナントが入居・退去する際に手厚いフォローを行なう事業者」、「社長出演の物件紹介動画で、内覧後の歩留まりを5割アップした事業者」など、各社それぞれのカラーで奮闘しています。