不動産ニュース / 開発・分譲

2023/3/24

東京・八重洲に7件目のからくさホテル。31日開業

「からくさホテルカラーズ東京八重洲」外観

 (株)からくさホテルズは「からくさホテルカラーズ東京八重洲」(東京都中央区、客室数95室)を31日に開業する。全国では7件目、東京では3件目のからくさホテル。

 JR「東京」駅八重洲中央口から徒歩6分、東京メトロ・都営浅草線「日本橋」駅から徒歩4分。2022年9月にオープンした「バスターミナル東京八重洲」にも至近で、日本国内旅行の拠点にできる立地。
 敷地面積336.15平方メートル、鉄骨造地上16階建て、延床面積4,322.6平方メートル。客室面積は21.4~31.5平方メートル。ダブル、ツイン、トリプルのほか、ワイドツイン、フォースなど8種類の部屋タイプを用意している。隣り合う客室を内扉でつなぎ6名まで利用できるコネクティングルームは52室確保した。
 コロナ禍には室内で過ごす時間が増え、機能的なくつろぎの空間が求められたことから、コンフォートタイプの部屋にはプロジェクターと洗濯乾燥機を設置している。

 ホテル2階にはラウンジを設け、朝食会場として活用。ラウンジタイム(14~19時)には菓子や軽食、飲料を宿泊者に無料で用意。バータイムにはワインをはじめとしたアルコールや酒肴もセルフサービスで提供する。バスや新幹線の待ち時間に仕事や休憩など自由に利用してもらえるよう、電源やWi-Fiも完備しており、宿泊者以外の一般顧客もこのラウンジを有料で提供できる。

 マスコミ向け内覧会で、同社代表取締役社長の佐藤亮祐氏は、「当社が運営するホテルは、約半分がコネクティングルーム対応で、エキストラベッドを使うと6人まで泊まれる部屋を用意しており、インバウンドのグループ客のニーズに合致している。22年後半よりインバウンドを中心とする観光需要が回復してきており、ターゲットとしているアッパーミドル層の観光客を着実につかんでいきたい」と述べた。

エグゼクティブワイドツイン(31.5平方メートル)。部屋は窓が大きくとられており、眺望も楽しめる
ラウンジは電源、Wi-Fiが完備されていてワークスペースとしても活用できる。キッズスペースも併設

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。