不動産ニュース / 開発・分譲

2023/3/24

大阪にABWの考え方を取り入れたモデルハウス/地所H

「箕面ホームギャラリー」外観CGパース

 三菱地所ホーム(株)は26日、自由設計注文住宅「ONE ORDER」の最新モデルハウス「箕面ホームギャラリー」(大阪府箕面市)をオープンする。

 阪急「箕面」駅から阪急バス「萱野小学校前」停留所下車。オリジナルの2×NEXT構法の地上2階建て。延床面積211.07平方メートル。働く場所や時間を自由に選択するワークスタイルABW(Activity Based Working)の考え方を採用し、家を単なる住まいではなく「憩いの場」、「オフィス」、「学校」、「遊びの場」など、フレキシブルに楽しく活用しつくす空間として提案する。

 外観は、土・石・木・陽の光などの自然要素を取り入れ、まち中でも自然とのつながりや親しみやすさを感じるデザインを採用。これに加え、日射遮蔽を意識した深い軒、緩勾配の片流れ屋根を採用することで、大容量の太陽光システムパネルを搭載。デザイン性の高さとZEH仕様を両立した。

 間取りは、開放的な大空間を高低差、素材やインテリア、機能・用途などでさりげなくゾーニングして構成。居心地の良いサードプレイスのような住まいとして、ゆったり仕事ができる「カフェワーク」、階段下の緑に囲まれた秘密基地「おこもり」、コックピットのようなベンチで、家の中から外まで見渡せる「VIEW」など、目的や気分に合わせて選べる居場所を家中に設けた。

 全館空調システム「エアロテック」を採用し、HEMSと連携することで、空調に係る消費エネルギーの削減やスマートフォンによる外部からの温度設定操作を可能とした。自社開発した総合スマートホームサービス「HOMETACT」も搭載し、メーカーの垣根を超えたIoT機器の自由な連携を可能にするスマートライフを提案する。

 同社では、顧客との接点強化のため、同モデルハウスを、2023年1月に兵庫県芦屋市に開設したショールームとオフィスの機能を統合した拠点と連携させて、新規顧客やオーナーが案内や打合せをしやすい環境を整備していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。