不動産ニュース / 開発・分譲

2023/3/29

新築分譲物件で既存物件物品をアップサイクル

 三井不動産レジデンシャル(株)は29日、「土地の記憶」プロジェクトの始動を発表した。

 分譲する新築物件において、これまで再利用が困難なために廃棄していた敷地や既存建物内等の物品をアップサイクルする試み。

 同社では従来から、計画地内の既存樹木や建物の保全・再利用、計画地周辺に所縁のある象徴性の高い物品等を残して新築計画に取り入れるといった取り組みを実践してきた。今般、環境負荷低減にも配慮したアップサイクルの発想も併せて取り入れることで、分譲する新築物件の付加価値創出につなげる。

 東京都杉並区にある計画地では、築後約90年が経過する住宅内の大梁を活用し、新築物件内の階数表示サインとして設置する予定。また、東京都板橋区の計画地では、植樹されていてたケヤキをはじめとする既存樹を共用部分の家具やアート、内装仕上げ材とする計画を立てている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。