不動産ニュース / 開発・分譲

2023/3/30

マンション住民の「予防医療」をサポート

「ウェルネス・サポートシステム」概念図

 京阪電鉄不動産(株)、ミサワホーム(株)、関西医科大学、コガソフトウェア(株)の4者は30日、マンション入居者に予防医療を提供する新健康管理システム「ウェルネス・サポートシステム」の開発を発表した。

 同システムは、マンション館内の「ウェルネス・ラウンジ」に設置した健康管理機器や各戸に標準搭載したウェアラブルデバイスを介して、住民の運動量・睡眠記録・体重・血圧・脳機能評価といったバイタルデータを収集。蓄積データを基に、医師、健康運動指導士、管理栄養士などが健康増進に係る指導を行なうもの。

 そのほか、認知症予防トレーニングや、ゆがみチェッカーを利用したエクササイズといったイベントも定期的に開催していく。

 初弾として、分譲マンション「ファインレジデンス枚方香里園町」(大阪府枚方市、総戸数130戸)に導入する。同物件は、京阪本線「香里園」駅徒歩4分に立地。敷地面積2,985平方メートル、延床面積約8,955平方メートル、鉄筋コンクリート造地上14階地下1階建て。専有面積は37.49~215.26平方メートル、間取りは1LDK~4LDK。2023年2月に竣工済み。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。