不動産ニュース / 開発・分譲

2023/3/31

藤沢で分譲マンション発売/中央日土地他

「バウス藤沢」外観イメージ

 中央日本土地建物(株)、日鉄興和不動産(株)、ファーストコーポレーション(株)は、分譲マンション「バウス藤沢」(神奈川県藤沢市、総戸数112戸)の第1期登録受付を4月1日より開始する。

 同物件は、JR東海道本線・小田急江ノ島線「藤沢」駅徒歩6分に立地。敷地面積約1,557平方メートル、延床面積約7,788平方メートル、鉄筋コンクリート造地上15階建て。

 住戸は専有面積34.68~71.93平方メートル、間取り1LDK~3LDK、全8タイプを用意する。天然石調タイル張りの玄関や廊下、天然御影石を用いたキッチン天板など、高級感のある内装デザインを採用。サッシの高さを通常よりも約40cm高くするほか、3LDKの住戸には8mを超える大開口を確保し、開放感のある住環境を提供する。

 エントランス・エレベーター・住戸の3ヵ所にセキュリティラインを設置。警備会社と提携した24時間セキュリティシステムも採用するなど防犯性に配慮する。またテスラ社製の人気EV「モデル3」の利用ができるカーシェアリングサービスも導入。敷地内に1台分の車両と充電設備を設置し、15分単位でレンタルする。

 第1期1次の販売戸数は40戸。価格は3,838万~7,648万円、最多価格帯は5900万円台・6600万円台(各4戸)。竣工は2024年1月、入居開始は同年5月の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
協力すれば空き家が蘇る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/10/1

「海外トピックス」更新しました。

旧教会を改装した美しい建築物たち【オランダ】」配信しました。
オランダには教会建築が約7,000棟存在しますが、そのうち約3,000棟が教会「以外」の用途で活用されています。現地ライターが、教会建築を独自のアイディアでリノベーションした事例を紹介します。