不動産ニュース / 開発・分譲

2023/6/6

十三に全712戸のタワーマンション/阪急阪神不

「ジオタワー大阪十三」外観イメージ

 阪急阪神不動産(株)は6日、分譲マンション「ジオタワー大阪十三」(大阪市淀川区、総戸数712戸)のオフィシャルサイトを開設。秋頃をめどに販売を開始すると発表した。

 阪急電鉄神戸線・宝塚線・京都線「十三」駅徒歩3分、淀川区役所跡地の再開発。敷地面積は約8,900平方メートル。集合住宅、図書館、保育・学童、商業、学校等を複合開発する。同物件は、鉄筋コンクリート造一部鉄骨造39階建ての複合施設棟の3~39階部分。住戸の専有面積は、40~160平方メートル台。総戸数712戸は、同社過去最大。

 複合施設棟は、鹿島建設(株)の中間層免震設計を採用。水害に備え、乗降用エレベーターをはじめ、受水槽・電気室・自家発電などの重要設備を2階以上に計画している。また、災害時には施設の一部を帰宅困難者等の一時受け入れスペースとして開放。防災備蓄倉庫を3階以上に設置し、救援物資や備蓄食品を保管する。非常用発電機を設け、停電時にも非常用エレベーターなどを24時間利用できるようにした。公開空地には、設置可能なマンホールトイレやかまどベンチなどの防災備品を保管。災害時には炊き出しの場として活用する。

 LOW-E複層ガラス・LED照明・高効率エアコンの設置等により、ZEH-M Orientedの性能を確保する。インテリアや内装材には木材を活用。低層部の屋上部分に張り出すテラスは木造とし、屋上庭園にはビオトープを計画している。(株)阪急阪神ホテルズ監修のゲストルームや、同社のオフィス事業でのノウハウを生かしたワークスペースなどの共用施設も用意する。

 入居開始は2026年4月の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。