不動産ニュース / その他

2023/6/7

23年ぶりに会長交代、新会長に三好 修氏/全管協

「来年までに自民党員5万人の獲得を目指す」と話した名誉会長の高橋氏
新会長に就任した三好氏は「『賃貸住宅修繕共済』を将来的な事業の柱としたい」と抱負を述べた

 全国賃貸管理ビジネス協会(全管協)は7日、パレスホテル東京(東京都千代田区)にて「全管協シンポジウム2023」を開催した。

 同日開催された定期総会で会長の交代が決議され、新会長に三好 修氏((株)三好不動産代表取締役社長)の就任を発表。23年間会長を務めてきた高橋誠一氏(三光ソフランホールディングス(株)代表取締役)は名誉会長となり、執行部の一員として同協会の活動を支えていく。

 冒頭、高橋名誉会長が登壇し、同協会の23年の成長戦略について説明。賃貸管理業が成長し続けるための最大の課題は「管理物件数の拡大」であるとし、「管理する物件が多いほど、仲介や退去後のリフォーム、大規模修繕など、さまざまな仕事につながる。管理物件数の拡大は、自社の業績アップに直結することを肝に銘じていただきたい」と話した。

 また、21年11月に新たな共済組合「全国賃貸住宅修繕共済協同組合」を立ち上げ、大規模修繕積立金の経費化を実現させたことにも言及。「共済を利用することは、オーナーを守り、会員の利益を拡大していく最大のチャンスとなる。大規模修繕積立金の経費化は、現在、屋根と外壁の修繕工事が対象だが、今後はさらに共用部などへ範囲を拡大していく」とした。

 さらに、自民党員拡大のため、会員を取り巻く取引先との新たな会員制度「賃貸経済団体連合会」を発足したと発表。「これまで会員の社員や家族を対象に党員拡大に取り組んできたが、取引先にまで範囲を広げる。現在の党員数は約3万5,000人だが、今年中に4万2,000人に、来年には5万人の党員数まで拡大させる。当協会と会員企業の発展のためには、自民党との連携をさらに強化し、国政への影響力を高めていくことが必要」と述べた。

 その後、新会長の三好氏が挨拶。「高橋名誉会長のもと、委員会活動や共済事業に注力し当協会は成長・拡大してきた。中でも、『賃貸住宅修繕共済』の実現は大きな功績。将来的に当協会の柱となる事業に成長させるべく、理事、三役が一丸となって取り組んでいく」と抱負を語った。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。