不動産ニュース / 開発・分譲

2023/6/8

プロロジス、入居企業の再エネ電力化を支援

 プロロジスは8日、自社が開発した物流施設の入居企業に対して、非化石証書調達による消費電力実質100%グリーン化支援を開始すると発表した。

 「プロロジスパーク猪名川1」(兵庫県川辺郡猪名川町)に入居する(株)MonotaRO(モノタロウ)が同施設で使用する電力に対して、トラッキング付き非化石証書を活用する。これによりモノタロウが使用する電力に関しては実質CO2ゼロ化を実現。さらに、同施設屋根で設置工事を進めている太陽光発電設備が2024年1月に稼働予定であり、稼働後はその電力も利用する予定。

 施設自体の電力グリーン化は茨城県つくば市や神奈川県海老名市に開発した物流施設で実現しているが、同社自身が非化石証書を取得して入居企業に提供するのは今回が初。今後は、他の施設においても順次同様の取り組みを行なっていく予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。