不動産ニュース / その他

2023/6/9

賃貸住宅修繕共済制度の拡充等を要望/ちんたい議連

「要望実現に向け一つひとつの事項と真摯に向き合っていきたい」と話す石破会長
ちんたい関係4団体それぞれが要望事項を述べた

 自由民主党議員337名が所属する自民党賃貸住宅対策議員連盟(ちんたい議連)は9日、2023年度総会を開催。所属議員のほか、各業界団体役員や省庁の実務者などが出席した。

 総会では、24年度ちんたい重点政策要望事項を決議。引き続き、家賃および共益費への消費税課税は対象外とすることを求めた。
 また、賃貸住宅修繕共済制度の拡充について、損金算入が認められる対象に、水回り内装設備(キッチン、ユニットバス、洗面設備、トイレ等)および共用部設備の修繕・交換工事費も追加することを求めた。共済掛金の運用手段として、不動産投資(私募リート)による運用も認められることも加えている。
 そのほか、空き家・空き地の取引促進も継続して要望。新規要望事項として、外国人による不動産取引への措置も求めた。

 全国賃貸住宅経営者政治連盟、自由民主党ちんたい支部連合会会長の高橋誠一氏は、「家賃等への消費税非課税の堅持は、われわれ賃貸管理業界の創意であり、絶対に守り続けていかなくてはならない」と話した。
 全国賃貸管理ビジネス協会会長の三好 修氏は、「国家安全保障の観点に加え、資源保護や環境保全、国内の経済・社会を適切に維持する観点からも、外国人による国内不動産の無制限な取引の是正が必要」と、新たな要望事項として提示。
 

 (公社)全国賃貸住宅経営者協会連合会会長の宮野 純氏は、「賃貸住宅修繕共済制度の活用を促進することで、良質な住宅ストックの形成に寄与すると確認している」とし、「国民の住生活の安定確保のため、民間賃貸住宅を住宅セーフティネットとして活用するにあたり、必要な支援の拡充を図ることを重点要望事項としたい」と言及。
 (公財)日本賃貸住宅管理協会会長の塩見紀昭氏は、「われわれの悲願であった賃貸住宅管理業法が施行され、今年はそれに伴う一斉立入検査が行なわれた。“しっかりと管理していただく体制が整った”と前向きに捉え、襟を正してこれからも賃貸管理業界の発展に努めていく」と話した。

 ちんたい議連会長の石破 茂氏は、「家賃等への消費税非課税、賃貸住宅修繕共済制度など、さまざまな要望をいただいているが、実現に向け一つひとつの事項と真摯に向き合っていきたい」と述べた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
協力すれば空き家が蘇る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/9/13

「記者の目」更新しました。

空き家を『バイク女子』向けシェアハウスに」配信しました。
全国各地で空き家の増加が問題となる中、独自のアイディアで空き家を再生するケースも増えてきている。そんな中、築60年超の空き家を「ガレージ付き」女性専用シェアハウスへと改修、収益物件化した事例があるという。リノベーションを手掛けた(株)Rバンクに、事業の経緯や改修工事のポイント、竣工後の反響等について聞いた。